• Daisuke Fukushima

健康診断の結果、どうしてますか?

今回は、健康経営でもし起きてしまったら、

企業運営にとって存続の危機になってしまう可能性もある!

そんな健康リスクについて、お伝えします。




これは、自分もでしたが、多くの経営者の方って、

どちらかというと商品やサービス、そして営業的な目線の方が多いかと。

そういうスタンスの人たちからしたら、攻めの人たちからしたら、

就業関連や人事関連などバックヤード関連の守りについては、

意外と弱い企業さんも多いのではないか!?と思います。

 

今回の話は、そのような経営者の皆さんにとって、とても重要です。

最近、経営者の方にお話しすると、やはりノーガードというか、

【え!?そうなの!?】

という方が多かったこともあるので、お伝えさせていただきます。


これは、健康経営云々ではなくても重要だからです。


そもそも、御社では、健康診断を社員の皆さんに年に1回は受信してもらっていますよね!?

では、その結果をチェックもある程度はしていますよね?ある程度。


で、まず、①その中で、リスクの高い方はどうなっていますか?

『注意しとけよ~! 』とかでおわっています?


②ちゃんと産業医にリスク判定などをしてもらったり、診断を受けてもらって、

今後の方針を指導してもらったりしていますか?


③そして、その方の業務上の配置については、検討されていますか??


御社は、①~③のどれにあたるでしょうか?


え!?

という方、少なくないのでは??


結論

③までできていないとやばいです!


健康って自己責任じゃないの!?というのが、そもそもあるかもしれません。

経営者の方からしたら、そういった考え方、間違えじゃないと個人的にも思います。

だって、自分の健康は自分で守るものだから。


ですが、従業員の方がそういった理解でいたとしても、

ご家族が何かあったら、どう反応するのか!?が、分からないんですよ。


健康リスクがある。

例えば、糖尿病の方がいたとする。

低血糖になった場合、立っていられなくなってしまう可能性もある。

そんな方が高所作業をしているなか、低血糖になってしまって、

不幸にもお亡くなりになってしまったとする。


遺族は、会社がその方の病状をわかっていながら、リスクのある仕事を続けさせていた。

ということで、訴えてきてしまったとしたら、会社の負けになってしまうんです!


だから、産業医にチェックしてもらい、健康状態からどういった勤務がNGか?

そして、通院も含めて指導をしてもらっていた!

そのうえで、仕事の配属も考慮されていた。


という事がなされていないとだめだってこと。


会社の責任で人の命がなくなった・・・。

となってしまっては、大きなお損害になりかねませんよね!?


会社に貢献してくれている従業員を大切にすること。

その基準をどこにするべきなのか!?

再度、見直してみてくださいね。


詳しいご相談などは、随時受け付けておりますので、ご連絡ください!

d-fukushima@lifetime-value.com

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示