• Daisuke Fukushima

令和は、攻めの人事戦略が必須!

朝のオフィスから


おはようございます!

6月に入り、コロナ自粛もおわり、いよいよ!

という感じがしますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか!?


さて、今年の健康経営の昨年のレビューが

経済産業省より出まして、資料が届きました!

さすがに膨大な量です!(笑)


今後いくつかポイントをご紹介していきますね。


総論としては、すごい勢いで申請社数が増えています!





2018年は、3000社弱。

これが、2019年は、6000社超!と。



エリアごとでも概ね増えており、

面白いのは、一番多いのが大阪!と。東京が、335社に対して、

大阪が612社。この1年で350社近くも増えているというもの凄い!です。


理由な何でか!?は、言うまでもがなですが・・・

これから中期的に、長期的に考えたときに、

責めの人事戦略をしていく事が、生き残りの秘訣!と理解しているからですよね。




なぜ??


一応、記載しておくと、社会的な問題(事実)として、

生産年齢人口が減っていきますよね。

(2100年には、日本人は、5000万人を切るとなっています)


じゃー、AIを活用すればいいじゃん!

もちろん、それは業種によって必須になります。

5Gの世界になれば、かなり変わりますね。

総務省がそういう世界をつくる!というメッセージを出しています。

https://www.youtube.com/watch?v=ArRWXopUHAQ

※これからインターネット、通信、ECはとても大きな市場になります。


では、定年を上げればいいじゃん!


これ、日本人の健康年齢知っていますか??

健康年齢とは、誰の介助もなく一人で生活できる年齢です。


もし、70歳、75歳と定年を上げた際に、

男性だと71歳が健康年齢のため、70歳となると、

もしかしたら、かなりの割合で介助者も必要になってしまいます。


やばい!と思いませんか??

個人的には、本当にやばい!と思っています。


これ、何とかしないと!!と。



その為の攻め戦略が”健康経営”と確信しています。

一昔前までは、健康は自分で何とかしろ!という世界。


ですが、従業員にとって、仕事に対して使う時間というのは、

人生の中でもとても多くの時間という大切なリソースを使っています。

これに対して、経営者として、感謝して、その感謝を表すこと。

一緒に寄り添って素敵な世界をつくる事。


これが経営者の役割だと思いませんか!?

その一歩を一緒にすすめていけたら幸いです。


健康経営サポートチラシ
.docx
Download DOCX • 23KB

共感いただけた方のみご連絡ください!!


従業員の健康が大切なリソースだという視点から、

会社が戦略的に投資をしていく事で、

従業員のかたのエネルギーを高めて、

会社の業績も高めていく事。

これが健康経営のゴールです!


とてもよくないですか!?

14回の閲覧
 

購読登録フォーム

©2019 by Life Time Value. Proudly created with Wix.com