• Daisuke Fukushima

今の若い子はハングリーさがないんだよね・・・ってホント!?

最高の朝をオフィスから~


みなさん、こんにちは!

株式会社Life Time Valueの福島です。



上司: ちょっと来い!

部下: (え・・・と思いつつ)はい・・・。


上司: この●●は、何だ!!

これで、クライアントが納得すると思ってんのか!?

プロとして、この仕事は何だ!!

部下: ・・・・。

すいません。


上司: 本気でやる気あんのか!!

部下: ・・・・。



ちょっと前って、こんな時代もありましたよね??


このストーリー、実は、ちょうど大学を出たときの自分の言われようです。。。

でも、当時は、自分自身、電話に出る事も出来ず(研修など受けていませんが・・・(笑)


基本的なホウレンソウなどもできず、もちろん、トレーナーとしての、

スキルもないし、当たり前ですが、経験もない。


そして、ちょっと前まで大学生であり、アルバイトしかしたことなく、

プロとして!なーんて、ちーっとも考えていなかった。。。


でも、夢や大志を抱いて、トレーナーになる!という想いだけはあったな~と。


だから、かなりスパルタというか、職人というか、明確じゃなかった点はあっても、

頑張って、この仕事をしたい!とかいう想いがあって、

プロのチームに帯同できるようになりたい!と、必死だった。


で、自分が上に立つ立場になった時に、

自身がやられていたように、厳しく対応してしまって、

メッチャひどい対応をしていた。



最近では、入社してすぐに、この会社は違った・・・。

と、辞めてしまっう新卒の子もいますよね。


その時も、自分たちの時代や、自身の経験と比較して、

タイトルにあるように感じたり、言ってしまったり、ギャップを感じたりしませんか??



戦後は、まさにハングリーだった。

今は、ハングリー=食べ物に困る、みたいなことはほぼ皆無、

または、割合としてかなり少ない。


では、なんで??


その答えは、人間の6つのニーズから考えたらシンプル

以前は、根底となる安心、安定というニーズを満たすために、

必死に働いて、高度経済成長を創りだした。


そして、先進国の仲間入りをした。


そのご、バブルの崩壊があった。


それにより、安心が揺らぎ、不安定の時代に。

そんな時に、方向性やよりどころが無くなったことにより、

自身の事を大切にする!という、自己重要感の時代に。


様々なルールやマナーが失われていますよね。

ですが、人は愛、成長、貢献というさらに高次元のニーズを求めていく。



そう!!


そういった心や内面のニーズに対して、

今の若い子たちへのコミュニケーションをとっていますか!?

彼らを承認して、大切に扱って、そのココロのなかに得たいものを一緒につくる。


今は、こういった時代。


機械化、コンピューター化、AIであり、5gの時代ではあるからこそ、

そこに人間らしさや温かさが大切になってくるよね。




企業の人材をリードする皆さん、

ちょっと、自身を振り返ってみてはいかが??

4回の閲覧
 

購読登録フォーム

©2019 by Life Time Value. Proudly created with Wix.com